忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

【SS(もはや短編?)】リクエスト「ジョーの災難」第二話

第二話です~
前回に引き続き政人視点。
次回ようやくヨーコ視点です!


* * *

 その一週間後、終業時間の直前にデスクの電話が鳴った。俺が出ると、若い女性が取引先の社名を名乗る。
『安田さん、いらっしゃいますか?』
 先日、ジョーが疲れきって帰ってきた打合せを思い出し、やや弾んだ電話口でのテンションに薄々事態を掴む。
 ジョーは今年32だか33。細くても筋肉質な長身に、変わらない短髪と愛嬌のある目。婚活などという一見健気な言葉でハンターと化している女にとっては有望株だろう。
 それに、名取さんが肩が凝るから指輪はしないと言い張ったため、二人は結婚指輪をしていない。いくら結婚していると主張したところで、冗談だと思うだけだろう。
 もう帰ったと言おうかと一瞬後輩の横顔を見やったが、そうは言っても新規の顧客になる予定の取引先である。まあ互いに大人なんだし、うまくやるだろうと小さく嘆息して、俺はジョーに取り次いだ。
 相手の名前を告げた瞬間、ジョーの表情があからさまに歪む。
「もしもし」
『あ、安田さん、こんばんは!よかったぁ、今日いたんですね!』
「ええまあ、仕事してますから。でももう帰ります。愛妻に夕飯作らないといけないんで」
『うふふ、またそんなこと言って。ね、たまには飲みに行きませんか?今、いつもの二人で安田さんの会社の近くにいるんです、出張だったんで。いいお店も教えて欲しいし……ね、お願いします』
「あー、無理です。店だけ教えますから、自分で行ってください」
 淡々と答える声は無駄に明るいが、全く感情がこもっていない。俺は取り次いだことを内心後悔した。これで相手に気分を害されても困る。
『そんなこと言わずに……実は今もうロビーにいるんですよ』
 ジョーの身体に殺気を感じて俺はわずかに身を引く。さすがの俺でも女にそこまでの殺気は立てない。ジョーがフェミニストだからではなく、興味のない人間にはどこまででもドライになる男だからだ。
 はー、とジョーは息を吐き出した。受話器の通話口を押さえ、俺を見る。
 にっこり笑ったその目は、全く、笑っていない。
「マーシーもつき合ってもらいますよ」
 言うなり俺の答えを聞かず、ジョーはまた受話器を耳に当てた。
「あ、もしもし?じゃあ、あと5分したら降りますから。僕よりいい男連れていくんで、楽しみに待っててください」
 その目は同意を求めるように俺を見ている。
 おいおいおいおい!
「ジョー!」
 相手に聞こえないようにたしなめようとしたが、ジョーはあっさり電話を切ってまたにこりとした。
「俺、トイレ行ってきますから、その間に帰る準備しといてくださいね」
 呆然とした俺を置いて、ジョーはデスクを立った。
 一人残されて額を押さえると、何とも言えない脱力感にさいなまれる。
 こうなったら仕方ない。
 俺はデスクの受話器を手に取り、内線番号を押した。
「あーーすみません名取さん。ちょっとお願いなんですけど……」

* * *

巻き込まれっちまったかなしみに。(by政人)

一番敵に回したくないランキング、私の中ではジョーが一位かもしれない。
しかしヨーコをdisらなければ敵にならないだろう。
*ジョーの人間区分:ヨーコ/家族/好きな人/どうでもいい人(過半数がここ。阿久津とかあきらもここ(笑))/敵←

拍手

PR

コメント