忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

【SS】眼鏡(安田夫妻)

本編にも番外編にもならない日常小話です。

 * * *
 
「珍しいな。今日は眼鏡なん?」
「え、ああ……コンタクト切らしちゃって」
 土曜の朝。起きてリビングに来ると、苦笑したジョーの目元には、茶色い縁の眼鏡があった。
「今日買いに行きます」
「さよか」
 言いながら、ソファに腰掛けるジョーに近づいた。
 耳元にそっと指先を寄せる。
「眼鏡、嫌いなん?」
「え、だって、似合わないでしょ?」
 うちはこてんと首を傾げた。
「そうでもないと思うけどな」
「そうかな。でも、コンタクトの方が絶対いいって言われますよ」
 それはきっと、活動的な彼の雰囲気からそういうのだろう。
 うちは相槌をうちながら、ソファの上の膝を跨いだ。
「え、ヨーコさん?」
 ジョーが手にしていたスマホを横によける。うちはジョーに向き合う形で膝上に座り、耳元に口を寄せた。
 眼鏡の弦を、耳に沿って舐めあげる。
 ひぇ、とジョーの高い声がして笑った。
「ふふふ」
 いたずらが成功した満足感に浸りつつ、その頬に頬を寄せて首に腕を回す。ジョーが戸惑いながらうちの背に手を回した。
「な、なんですか。急に」
「うん」
 うちはすこし身体を離して、ジョーの顔を視界に入れた。眼鏡の中心を指先でつまみ、するりと引き抜く。ジョーは一度目を閉じ、うちが眼鏡を外し終わるとまた開いた。
「たしかにこっちの方が見慣れてるけど、たまにはええんちゃう」
 言って、眼鏡の弦を片方ぱたりと畳む。
 その手元に視線を感じて、またいたずら心が芽生えた。
 広げたままの弦の先を、唇に押しあてる。
 唇を伝うように弦を走らせ、ちらりと舌で舐めた。
 ジョーの目はうちの口元に吸い寄せられたままで、その喉がごくりと動く。
 弦を唇でやんわりと挟み、半端に口を開きながらレンズの近くへ動かし、また弦の先へ戻る。
 弦の先端をくわえ、唇を尖らせてちゅっと吸い上げた。
 ちらりと横目でジョーを見やると、その目は既に潤んでいる。
 うちの挑発に負けていると見て取り、くすくす笑いながら眼鏡の弦を折り曲げて、自分の胸元に下げた。
 豊かな胸元が見えるようにしながら。
「っ、よ、ヨーコさんっ……」
 ふるふると小刻みに震える子犬は、懇願と欲望に満ちた顔をうちに向ける。
「なぁに?」
 首を傾げて答えると、
「す、すぐそうやって……」
 文句を言おうとしたジョーに、うちは笑う。
「嫌なん?」
「え……え?」
「うちがすぐ、こんなんするん」
 笑うと、ジョーが困惑した後、顔を赤くした。
「嫌じゃないです」
 言って、ぎゅ、とうちを抱きしめる。
「全然嫌じゃないです。むしろ好きです。大好きです。でもこういうときって大概」
「だってまだ朝やもん」
 言うと、ジョーはがっくりと頭を落とした。うちはくつくつ笑ってその頭をたたく。
「……そこで、させてくれるんなら、言うことないんですけどぉ……」
「あんた始まると果てがないやないの」
「それはヨーコさんが良すぎるからいけない」
「人のせいにせえへんの」
 うちは腕の中からするりと抜け出した。
「コンタクト、買いに行くんやろ。うちも散歩がてらつき合うわ」
 ジョーは立ち上がったうちを見上げて、苦笑した。
「はい。行きます。……その前に」
 立ち上がると、うちの隣に立って顔を覗き込む。
「キスくらいはいいでしょ?」
「仕方ないなぁ」
 二人でくすりと笑うと、唇を重ねた。
 
 * * *
 
これぞヨーコ姉さん、という話を書きたくなったのでした。
また一週間がんばりましょう!

拍手[3回]

PR

コメント