忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

【SS】兄妹(3)

第三弾!
『初恋旅行』読了後にどうぞ。

**
「Hello?」
 隼人くんのスマホが鳴ったと思ったら、急に英語で話しはじめた。
 ということは、多分義兄からの電話だろう。
「お父さん英語?」
「うん、そうね」
「政人おじちゃんかなー」
「多分ね」
 それにしても電話なんて珍しい。近々何かあったっけ、と思いながら、隼人くんの様子を見る。
「え? ああ……うん? そう、よかったね。うん……」
 あ、今日は日本語で話してるみたい。
 しばらく相づちを打っていた隼人くんは、困惑したような顔で私を見ている。
「……兄さん。香子ちゃんと変わろうか?」
 私はびっくりして目をまたたかせた。政人さんと電話で話すなんて、結婚前ぶりじゃないかしら。
「だって、そういうことでしょ。……俺じゃわかんないよ。ちょっと待って」
 隼人くんはあきれたようなため息をつきながら、スマホを私に差し出す。私がそれを受け取りながら説明を求める視線を送ると、隼人くんが苦笑した。
「とりあえず、話聞いてあげて」
「はあ……」
 頷きながら耳にスマホを当てると、
『……ええと……もしもし? 香子ちゃん?』
 政人さんが大変話しづらそうに口を開いた。
 兄弟揃っていい声だこと。
 つい、今日もイケメンですねとでも言いそうになり、口を閉ざす。
「どうかしました?」
 子どもたちに問いかけるように穏やかに聞いてみた。
 政人さんは戸惑いながら、話しはじめる。
『いや、あの……九州で知り合った子が……今度結婚するらしくて』
「ああ! あの妹みたいに可愛がってた子ですね?」
『う、うん、まあそうなんだけど……』
「それはそれは、おめでとうございます」
『……うん……』
 政人さんはくぐもった声で頷く。
 その声はどこか寂しそうな響きを帯びていて、私は噴き出すのをかろうじて堪えた。
「それで、どうかしたんですか?」
 口元は完全ににやついているが、声音は平静を装う。
 政人さんは静かにため息をついた。
『……結婚式の招待状、が届いて』
「日程が合わない?」
『いや、そうではないんだけど……行く気で……返事したんだけど……』
 なんとなく、気弱なトーンだ。いつも物腰柔らかく安定して穏やかなのに、珍しい。
『なんかこう……どういう感じで出席したらいいのかなと……』
「はあ……なるほど」
 言われて私は首を傾げる。
 確かに、親戚でもないし、恩師でも、会社の先輩でも、友達でもなくて、言うならば知人? 座席表の肩書って何になるんだろう。でも、彼女のご家族とは知り合いみたいだし、その辺と同じ座席になるのかな。
『親族みたいな顔するのも変だし、友人、ていうにもちょっと……それに彼と会ったこともないし』
 あ、もしかして。
 ふと、思い当たって微笑む。
 政人さんはオシャレな人だから、冠婚葬祭だからと言って服を同じにしたりしない。親戚の挙式は親戚らしいスタンダードな格好をするし、友達の挙式はその友達の好みや結婚式場の格で服を決める。
 隼人くんはその話を聞いたとき『面倒くさいことするね』なんてあきれてたけど、女性なら当然のようにする配慮だし、私は素直に感心したものだ。
「そうですね、立場として考えると難しいですけど」
 私は言葉を選び選び、口を開いた。
「でも、彼女にとって政人さんは、きっと憧れのお兄さんだから……」
 優しいけれど不器用なところもある義兄を思いやりながら、言葉を紡ぐ。
 隼人くんと結婚してから十年。義兄との付き合いも同じくらいだ。
 その間に知れた人となりを思うと自然と微笑みが浮かんだ。
「政人さんらしく、式場と彼女のイメージに合わせて、精一杯お洒落して行ったらいいと思います」
 政人さんは少し困惑したようだった。私は笑う。
「彼女が友達に自慢できるくらい、『素敵なお兄さん』でいてあげたらいいと思いますよ」
 政人さんは笑ったようだった。
『もう四十も過ぎて、素敵なお兄さんはないだろ』
 言って、一息つく。
『うん……まあでも、俺らしく、か。そうかもね。ありがとう、香子ちゃん』
「どういたしまして」
 言って、私は思わず笑った。
『どうかした?』
 聞く政人さんに、
「いえ……感極まって泣いちゃっても、いいと思いますよ」
 私が言うと、政人さんは喉の奥でぐっと呻いた。
『さすがにそこは耐える』
「泣きそうな気はしてるんですね」
『ぐっ……』
 政人さんのうめき声を聞いて、私は少しだけ声をあげて笑うと、
「素敵な結婚式になりますように」
 義兄のためにも、彼女のためにも。
『うん……ありがとう』
 いつもどおりの穏やかな声が返ってきた。
「どうだった、兄さん?」
「うん、多分大丈夫」
 通話を切った私は、スマホを隼人くんに返しながら笑った。
「珍しいね、お義兄さんがあんな風になるの」
「うん……」
 隼人くんは苦笑した。
「意外と、情が移りやすい人だからね。基本的には距離を置くんだけど、一回内側に入れちゃうと底なしというか」
「あー、分かる気がする。優しいよね」
 私は頷き、笑った。
「そういうところも、隼人くんと逆よね」
 隼人くんがきょとんとする。
「どういうこと? 俺って冷たい?」
「冷たいっていうか……」
「お母さーん、買い物行くんじゃないの?」
「あ、そうだったそうだった。行こう」
 私は言ってかばんを手にする。
「隼人くんも行こう。冷蔵庫からっぽなの」
「はぁい」
 隼人くんがどことなく不服げに首を傾げる。
「……後でちゃんと聞かせてね」
「何が?」
「だって……兄さんは優しくて、俺は逆って」
 私は噴き出した。
「はいはい。また後で」
 冷たくはないけど。
 マイペースだよね、ひたすら。
 思いながら笑って、子どもたちと玄関に向かった。
 * * *
神崎家は今日も平和です。
おつきあいくださり、ありがとうございました!!

拍手[9回]

PR

コメント