忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

【SS】アイロン談義(中編)

アイロン談義(中編)
 
ということで安田夫婦(結婚前)書いたらまさかの三部作になりました。(すみません…)
 


「ヨーコさんて、シャツ、着ないんですか?」
 週末、仕事の帰りに訪れたジョーの家。
 二人でテレビをぼんやり眺めていたとき、ジョーが何やらはっとした顔をしたと思えば、いつもの如くくだらないことを言って来たので、うちは苦笑を返した。
「昔は好きで着てたけどなぁ。財務部になってからはご無沙汰やな。手入れする時間も気力もないさかい」
 言いながら、テレビに映る女優のシャツ姿を見やる。衿が抜けたゆるやかなデザインは最近の流行りらしく、着てみたいとは思う。
「こういうの、着てみたいけどなぁ」
「似合いますよ!きっと似合います!」
 鼻息も荒く顔を覗き込まれて、うちはわずかに身を引いた。ジョーは毎度のことながらうちの反応を気にもせず笑う。
「ね、ね、ヨーコさん。シャツ着ましょう、シャツ。アイロンは俺がかけますから」
 うちは苦笑した。
「ほんまに?かけられるん?」
「かけられますよ!マーシー直伝です」
 無駄に腕まくりをして、やる気をアピールするジョーの目は、キラキラと輝いている。
「ね、だからシャツ買いに行きましょう!明日!」
「明日?」
 ずいぶん気が早いものだと呆れていると、ジョーは子供のようにかぶりを振った。
「だって、絶対似合うから。見たい、見たい!ヨーコさんのシャツ姿!」
「考えとく」
「ええええー」
 うちの答えに、ジョーは大袈裟に落胆して見せた。うちから見るといちいち感情の起伏が激しい。それが鬱陶しいと思ったときもあるが、今はほとんど気にせず受け入れられている。
 が、しかし。転んでもただでは起きないのがジョーである。
 がばりと頭を上げると、強い光を宿した目でうちを見て手を取った。
「ーーヨーコさん」
「何や?」
 どうせまたくだらないことでも言うのだろうーーと思いながらも、真剣なその目にわずかに戸惑う。
「シャツ、着ましょう」
「……はぁ?」
「今持ってきます」
「……あのな、ジョー」
 うちから離れてクローゼットに向かおうとするジョーのシャツの裾を引くと、ジョーは立ち止まって振り向いた。
「だって、早く見たい。見ないと今日眠れそうにない」
 何でやねん。
 即座に突っ込もうとしたが、その代わりに深々と嘆息して額を押さえる。どうせ突っ込んでも笑顔で「だってヨーコさん大好きだから」と返って来て会話にならないと分かっているからだ。
「あのなぁ、ジョー」
「だって、だって」
 ジョーはほとんど涙目になりながら、両拳を握ってかぶりを振った。
「ヨーコさんのシャツ姿、想像しただけでーー」
 言葉の途中でかくんと俯く。
「こんなになっちゃいました」
 それがただ俯いただけでないことに、その言葉で気づいた。
 彼が見るそこには目をやらず、そっぽを向く。
「そんなん、知らん」
「えええええ、そんなぁ」
「うちは何もしてへんやろ。自分でどうにかしぃ」
「ヨーコさぁん」
 あれこれ手を尽くしてお願いしてくるジョーの根気に負けそうになりながら、うちはどうにか彼の願望につき合うのを回避した。
 ーーその日は、という意味に過ぎないのだが。
 
* * *
ま、また明日後編更新します…(何なの)(ひとえにジョーがヨーコを好きすぎるせいということにしといてください…)

拍手

PR

コメント