忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

趣味について考える

私にとって創作は、もう趣味としての範疇を超えているので、

呼吸する、排せつする、眠る食べると同じようなものなんだろうと思うのですが・・・


では、一方、趣味とは。

もともと、好奇心旺盛なたちで、あれこれ手を出していました。

習い事や部活では、ピアノ、水泳、ヨガ、ダンス、バスケ。

昔から好きだったのは、旅行、カラオケ、音楽・映画・美術館・博物館鑑賞、

その他もろもろ。

家事の時短なんかもほとんど趣味みたいなものかも。

誤解を恐れずいえば、今はここに「子どもと遊ぶこと」も入るように思います。

(もちろん「子育て」は別ですが・・・)


私の趣味は、好奇心が満たされるもの、気分転換できるもの。

「なくてもどうにかなるけど、あるとちょっと楽しいよね」というもの。


じゃあ、何に好奇心を抱くのか。

帰結するのは、「創作意欲がわくかどうか」なんだと気づきました。


***


就活のとき、自分の強みを考えて、

「何にでも興味を持てるところです!」

と言ったのですが、ぜんぜん違うことに気づいたのは就職してから。


私が興味を持てるものは、人間の生きざまが感じられるもの。

人間の考えが見えるもの。

そう、「人」に興味がある。

だから、「何にでも興味が持てる」と思っていたのですが、

「人間」という要素を排除した価値観を持てないんですよね。

科学的にどうとか、決まりがどうとか、

システマチックな理論の話は、嫌いではないのですが、

「ふーん。で?」

という感じで、頭を素通りしてしまう。

心まで入っていかないんです。


そんなわけで。

私にとって「趣味」は、幹につながる枝葉のようなもの。

「幹の皮」が創作活動で、その中央に自分があるのでしょう。

いや、逆かもしれませんね。

「幹の皮」が自分自身で、内側が「創作」なのかもしれない。

どっちでもいいんです。

それくらい深いところにあるので。


***


執筆活動も、ぼちぼち「趣味」と「自己表現」に分けていこうと思っています。

ターゲットを定めて、プレゼンする「趣味」。

webで公開する作品は、少しずつこっちを増やしていきます。

せっかく書く話ですから、できるだけ多くの人に読んでもらいたい。


一方、自分自身を吐き出す「自己表現」。

こっちは公募で、削り出しながら書いていきたい。

多くの人に読まれなくてもいい。少数でいいから、誰かの胸の奥底まで届けたい。

何より、自分の心の叫びを言葉にしたい。


執筆速度を上げた理由は、両輪でやれるようにするためです。

読者が混乱しないように、PNは分けるつもりですが、

間違いなく、どっちも私の作品です。

(といっても、後者は一時間で千字くらいしか進まないんですけどね・・・)


あと基礎体力をつけるため、というのもあります。

十万字超える作品を年十本くらい書いてたら、もう「長編」に感じなくなってきたので。

だいたい見えるようになったというか、掌握している感じ。


***


今書いてる「明日のために・・・」は、そういう意味で一つの挑戦です。

二十万字までなら、なーんとなく見える展開も、それ以上になると見えなくなる。

礼奈の話は、たぶん四十万字くらいになるんだろうと思うのです。

どれくらいになるのか予想がつかない。

一度、書いてみる。

どんな分量なのか、体感してみる。

そしたら今度は、二十万字の話が楽に組み立てられるようになるのだろうと。

つたなくて、中だるみして感じるだろうなーと思いつつも、省略できるわけでもなく。

読んでくださる読者様のありがたさを痛感しつつ、じわじわと進めていきます。


神崎家シリーズは、「趣味」と「自己表現」を分けずに、

自分が持てるものをすべて、ひとまず形にしたものになると思います。

たぶん、その中の要素を取り出して、ラノベにしたり、文芸にしたりするのだろうと。


・・・いずれ、神崎家シリーズも全部本にしたいな・・・(長いし多い)

拍手[0回]

PR

コメント