忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

キャラクター設定

って、普通どういう風にするもんなのでしょうね。
家族構成とかそういうの、先に考えるのかな…(あ、やっぱり普通考えますよね、すみませんナメたこといってほんとすみません)

私の場合基本的に、まず一人の人間がいて、そういう個性を作り出す背景を読み解く感じなので、自分が「設定している」という意識が薄いんですよね。「あるべき場所にあるべきものがある」という感覚の方が近いというか…
だからSSやスピンオフはそのまま「設定」というか、比較的「このキャラはこういう風な思考回路だからこうなる」という「当然の結果」なんですよね。(かといって思う通りに動いてくれる訳でもないんですが)
どこまで事前に「設定」すればよいものなのか、よくわからないのです。

というのも、今比較的真面目なファンタジーを一本書こうと思っていて、その設定をどこまですべきか悶々としているのでそんなことを思ったわけです。
(あ、真面目って、イメージ的にはゲド戦記とかを理想として掲げてという意味でしてね。別アカウントで公開するかもしれません、場合によっては家族にも読んでもらえるように…)
(『竜王』は設定しなすぎた自覚があって…すみません)

私は「人間を形作るすべての要因」に興味感心があるので、ついついいろいろ考えてしまうんですよね。
例えば言葉。ロシア語と津軽弁の音の類似に感動したことがあるんですが、多分、寒い地域だから口を開かないように、手短かに話せるように進化しているんですよね。気づいたときすごいテンション上がりました。
他には、温暖な地域の方は食べ物が美味しいけど治安が悪い傾向があったりとか、おおらかだったりとか、一方で太陽があまり照らない地方は自殺率や鬱発症度が高い傾向があるとか、そういう、環境が作っていく文化や人間性。
そうなると産業にだって意識を向けなければいけない。それにはそもそも特産物が何なのかを考えなければいけない。
商業、経済、政治、宗教……もう広がりは無尽蔵。
……で、どこまで作るのか、という話に戻ってきてしまうわけです。
知識もないし…
とりあえず図書館で地理の本借りてきてしまったんですが、もともと暗記が苦手な人間なので(47都道府県白地図埋められない自信がある!ヨーロッパも無理な自信がある!)ほんと苦痛なんです、こういうの。でも、県民性とか国民性とかは話としてすごく好き。世代差による価値観の差とかも好き。
そういう本を探さなきゃなと思っています。ほんと自分の頭が残念すぎて残念。外付けHDが欲しい←

設定といえば。
察している方もいるかもしれませんが、当初とキャラが「ブレた」かもなと思っているのはヨーコです。当初、ジョー共々話を進めやすいから出しただけのはずが、私にとってかなり大切なキャラクターになってしまいました。

そんなぼやきも、ヨーコ話のリライトをどうしようか考えているからです。スピンオフというより関連作品になるのですが、阿久津の話の後に続く話を考えていて、それがほとんど『物狂ほしや』の続編にあたるので…
まあ時間はあるので考えます。

つーかほんとどこまで広がって行くんだろうこのシリーズ。果てがない。
(いや本当にぶっちゃけますとですね、実は政人の子どもたちの成人後の話とかも浮かんではいるんですよ。でもそこまで書くと本当に果てどなくなるので、まあそれは設定だけ生かして別で書くのもアリかなとか思っているわけなんですが、それもどうなるかわかりません)

逆を返せば、やろうと思えば多分神崎家の両親の馴れ初めとか、橘家のそれとか、考えようと思えばいくらでも遡れますよ。ドヤ。(いらんがな)

ああ、しっかり長くなってしまった。すみません。

拍手

PR

コメント