忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

アニバーサリー

ぼちぼち、小説を再び書き始めてから一年が経ちます。
まだ「神崎くん~」は書いてないですね。「竜王」も書いてない。
とりあえずプロットのあった作品を二つくらい書いて、結局「あ、やっぱこれ書けないわ」ってなったんです。(ネタとしてはまだ覚えてます。いずれ形を変えて書くかも)
書きたいものがありすぎて、全部詰め込もうとしてしまって、書けなかったのかもしれません。今思うと。
一気にこれだけの話が出てくるのだから、まあ相当に溜まってたんだなと(笑)
ということでちょっと自省してみると、
ときどき(嘘です、ほとんど毎日)自分の作文がガッカリで他人の文才がうらやましくなるときがあるんですが、極力そこに飲まれないようにしてます。
一人でも二人でも、私の作品が好きだと言ってくださる方がいるなら、それを否定するのはどうなんだろうって。
好きなもの否定されるのって嫌だと思うし。読者様に感謝こそすれ、不愉快な気持ちにさせるのは嫌だなと。
…まあでも葛藤は続くんですが。
はやくにんげんになりたい!
て感じですね。
好きな作家さんである森博嗣さんが
「10本くらい書けば自分の作品が面白いかそうでないかくらい分かるだろう」
と書かれてたんですが
今だに私は
「……いや自分ではそこそこ面白いと思うんですけど……ですけど……!!」
とまでしか言えない。
ときどき「出版できるとしたら?」とふと考えて、「そこまでには達してないな」と気づく。
じゃあどうすれば達するんだろう。
ってのはまだ、分からないんですが。
でも少なくとも、1年前よりも描けるものが増えたと思います。
だからまあ、とりあえずよしとするか。
いろんな作品を書く方がいて、それぞれいろんな形で読者の心に残りたいと思ってらっしゃいますが、
私は「作品の空気(読後感)を覚えていてもらいえればそれでいい」と思ってます。
むしろそれがいい。

何が書いてあったかも、主人公の名前すらうろ覚えでもいい。
ただ、読み終わった後に、「まあこんな社会も悪くないか」とか、「今日もがんばろ」とか、少しだけ前を向くエネルギーを得てもらえればいい。
普通の毎日が少しだけ、一瞬だけでも、前向きに見えれば、それでいい。
あまりに残像を残しすぎて、立ち止まってしまうよりも、気持ち良く翌日を踏み出してもらえるような作品がいい。
そんなことを思いながら、今日も人間の不器用さを描きます。
これまで作品がもたらしてくれた出会いに感謝しつつ。
そして、これからも、一つでも多くの作品を、一人でも多くの人に読んでもらえますように。

作品を通して、今まで私が感じられたことが誰かに伝わり、残るのなら、そんな幸せは他にない。
…ということを、久々の飲み会の帰路でふわふわと考えながら投下します(笑)

みなさまに支えられて、ほぼ毎日創作というものに向き合えたこの一年は本当に幸せでした。
10年のブランクを経て再確認できた幸せを心から噛み締めつつ、また一年(とはいわず、ライフワークとして)楽しみます!

拍手[1回]

PR

コメント