忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

出来のいい男/小野田冬彦と神崎政人

昨日は絵描きに精を出していた松丹子ですおはよーございます!
何でも中途半端にできてしまうと、一つのことに集中できなくて極められないんだよねと諦めてましたが、それも言い訳だと認めることにして。この際文も絵も自分の萌えを追求すればいいと思い直しつつあります。私にしか生み出せない作品は絵にも文にもあるはず。
それはともかく。
冬彦の話書いてると「政人と似てるなー」と思います。器用貧乏。何でもそつなくこなすから、自分の得意なものもわからない。
人の機微によく気づくから、そのつもりになればがっつり好青年になれるけど、自分自身はそんなに人のいいつもりはない。
でも、二人は兄弟関係と家族関係が決定的に違うんですよねー。
多分、出来としては同じくらいなんだと思うんですけど。
方や、一定の財力とプライドがある家に産まれ、平凡な弟がいる冬彦と。
方や、フツーの温かい家に産まれ、秀才(和歌子)と天才(隼人)の間に挟まれた政人と。
政人は自分のプライドを守るために和歌子や隼人と同じ土俵で争うのを避けたので、勉強は程々で済ませたんですよね。本当はもっと成績伸ばせたんだろうけど。
冬彦はその点、比較的真面目に自分の能力を伸ばしていったわけで。
だから、というのも何ですが、あゆみと彩乃も性格的になんとなく似たところがあります。
あゆみの方がしっかりしてるけど。
書きながらそんなことを思う水面下ではようやくらぶえっちにたどり着きましたが、思った以上に(冬彦の前戯が)くどい!楽しい!
この二人はできるだけ濃厚に描こうと思ってます。心も行為の描写も。

拍手[1回]

PR

コメント