忍者ブログ

まったりまったんこ

アルファポリスでまったり小説掲載中です。 習作短編やSS、設定の裏話やボヤキなど。 ネタバレがある場合は件名に記載します。 ジャンル:人間模様>>恋愛、ファンタジー

「マルヤマ百貨店へようこそ」おつきあい下さりありがとうございました!

書きながら「らぶ……こめ……?」てなってたのはいつもの通りですけれど、少しでもお楽しみいただけたなら幸いです。
 
今日からは、予告通りエンドゥーの話を公開します。といってもヒロイン視点なので、ヒロインに染まりきってエンドゥーに翻弄されるか、「エンドゥーがんばれ…!」と応援するか、読み方はお任せいたします(笑)
 
考えれば考えるほど、こちらを恋愛大賞に出すべきだったのではないかと思えますが(おそらく読めばわかります)、書いてるときには「なんて山も落ちもないくだらない話なんだ…」と思っていたのでそこまで自信がなかったのです。(読み返すと悪くないかなという出来です)
ヒロイン視点は完結しているので、気が向いたらエンドゥー視点書きます。水面下で重い話を書いてるので息抜きに書きたくなりそう。
この同期3人組、書くのすごい楽しいんですよね。明け透けな友人関係が大好きです。(神崎家シリーズの政人の周辺とかも)
 
以下「百貨店」についての創作裏話?ですが、若干ネタバレ要素があるので畳みます。

 
本作、優麻がものすごく書きやすいヒロインだった一方、成海がある意味ものすごく書きにくいヒーローで、結構頭を悩まされました。
 
というのも、書いていくと成海が可愛い街道突っ走ってしまって、いわゆるプリンセスとナイトの関係が真逆になってしまい…(優麻がオトコマエすぎる…)
私としてはそれでもいいのですが、やっぱり読まれる方としては「お前シャキッとしろや!!!!」て成海をドヤしたくなるだろうな、と、そういう意味でのギリッギリの範囲を探りながら書きました。だから変に疲れた。
 
トラブルについても、成海は成海でいろいろ考えがあって様子をみていたのですが、それをイチから説明する気質ではないので、優麻視点で書いていると読者にとっては「なにこの優柔不断なヒーロー…」と見える可能性があるのですよね。
そこをどう書くか、かなり気を使いました。
 
…まあでも最後、見せ場(ブチ切れシーン)がありましたからね。とりあえずオトコラシサは見せてくれたということで、許してもらえるのではないかと。
後輩、麻衣ちゃんもいい味出してくれました。書いてて楽しかった。
 
優麻は今まで書いた中で一番自立した、サバサバしたヒロインでした。多分、最終的に独り身で通すことになっても、「悔いはない」と笑って言えるタイプの女子なのだろうと思います。
…から、遠藤には強すぎるんですね。バランス的にやっぱり成海がちょうどいい。
そんなところも、続く話から楽しんでいただけるといいかなー、なんて思います。
 
***
 
エンドゥーも優麻と飲みに行って「このままコイツといたらどうなのかなー」とよぎったことは何度もあっただろうと思います。
が、友人でいることの居心地のよさと、比較的早い段階で彼女へのコイゴコロを吐露した成海の存在で、それ以上踏み込まずに済んだというところでしょうか。
恋愛は恋愛として楽しむ主義の男ですからね…(笑)
そんな彼にも、いい加減本腰を入れてがんばってもらいましょう♪

引き続き次作もお楽しみいただけますように!

拍手[1回]

PR

コメント